参考文献

生き直す 私は一人ではない

著者 高知 東生
発売日 2020/9/4

高知東生さんの自叙伝。子どもの頃の大変な家庭環境から、物依存症に至り、その後の回復に向かうプロセスまで描かれている。特に子どもの時代の話には胸が打たれる…。読みやすく整理された文章で当事者の体験談が描かれた貴重な本。

→「生き直す 私は一人ではない」を購入する

それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション

著者 アン・ディクソン (著)
アサーティブジャパン (翻訳)
発売日 2006/2/3

アサーティブコミュニケーションの真髄を書いた本。アサーティブコミュニケーションの事例とともにアサーティブについて紹介されている。海外の本だからか、とにかく内容がキレキレ。読んでて圧倒される爽快さがある。

→「それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション」を購入する

心が軽くなる!気持ちのいい伝え方

著者 森田 汐生 (著)
発売日 2015/10/30

アサーティブ・コミュニケーションの本。アサーティブな話し方…といった単純なコミュニケーションテクニックだけではなく、自己主張は何のためにするのか、対人関係の問題をどう考えるか、その中で自分にできることは何か?など、アサーティブネスの深遠な部分にも触れられている貴重な本。たまに読み返すととても発見がある。

→「心が軽くなる!気持ちのいい伝え方」を購入する

人はなぜ謝れないのか: 自分も相手も幸せになれる「謝罪」の心理学

著者 ビヴァリー エンゲル (著),
石井 礼子 (翻訳)
発売日 2006/7/10

謝罪と償いについて書かれた本。専門用語は少ないが、文章が難しめ。謝罪をすることでどのような効果が出るのか?加害がついてまわる依存症の償いについても考えさせられた一冊。

→「人はなぜ謝れないのか: 自分も相手も幸せになれる「謝罪」の心理学」を購入する

こじれた仲の処方箋

著者 ハリエット・レーナー (著),
吉井智津 (著)
発売日 2018/3/5

謝罪や償いについて書かれた本。一般的にやりがちな謝罪のミスから、許しのグラデーションの話まで、謝罪や償いに対して深い洞察が書かれている。

→「こじれた仲の処方箋」を購入する

依存症家族の困りごと解決&支援マニュアル

著者 ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
発売日 2018/12/10

タイトルの通り、依存症家族向けのマニュアル。依存症向けなのだが、依存症に限らずDVや逮捕、離婚などハードな内容についても触れられており、さらには支援する側への話も書かれている。かなりお役立ち本。

→「依存症家族の困りごと解決&支援マニュアル」を購入する

この一冊で「自助グループ」がわかる本([季刊ビィ]Be!増刊号№26)

著者 ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
発売日 2017/12/10

自助グループに向かった当事者の感想や、立ち上げた話、マンネリ化の話など、自助グループに行った人ならわかる話が盛りだくさん。自助グループを立ち上げる時に参考にさせていただきました。

→「この一冊で「自助グループ」がわかる本([季刊ビィ]Be!増刊号№26) 」を購入する

実録! あるこーる白書

著者 西原理恵子/吾妻ひでお/月乃光司
発売日 2013/3/15

大御所の方々によるアルコール依存症に付いての対談。作家の対談なだけに面白く表現されながらも、当事者と家族それぞれのリアルな地獄が語られている。

→「実録! あるこーる白書」を購入する

共依存 苦しいけれど、離れられない

著者 信田さよ子
発売日 2012/5/8

著名な信田さよ子先生の本。共依存の実態とはどんなものなのか、依存症とその家族のカウンセリングの例から独特な文章と視点でつづられた本。

→「共依存 苦しいけれど、離れられない」を購入する

「自分のために生きていける」ということ

著者 斎藤 学
発売日 2010/10/8


アルコール依存症の治療を日本に持ち込んだ斎藤学先生の本。依存症・ACに向けた本だが、パワーゲーム、男女の生きづらさ、ワーカーホリック、退屈、寂しさ、と幅広い生きづらさの話がとても読みやすい文章で書かれている。何を見て何を食べたらこんな洞察ができるのか知りたい。初版1997年なのに、今読んでも揺らがない物語。7周ぐらい読んだ。
→「「自分のために生きていける」ということ」を購入する

Copyrighted Image