MEMO

2020 01/17

三森自助グループの森について

※2017年4月20日に追記・修正しました。

2019年8月、LINEオープンチャットでのオンライン自助グループ🌳三森自助グループの森🌳を作りました。主催は私、三森みさと自助グループ経験者の方と共に複数人で運営してます。Twitterの専用アカウントはこちらです。
最近参加希望者が増えたのもあり、お問い合わせが多いので、この記事でまとめて説明しちゃいます。

 

LINEのオープンチャットとは

LINE上の「友達」でなくても、グループを作ってチャットができる機能です。
オープンチャットの部屋ごとに名前やアイコンを変えることができます。個人情報を交換することはできません。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

当自助グループの目的

従来の自助グループと同じように、仲間と悩みや苦しみなどを分かち合い、生き辛さからの回復の手助けを、お互いに行うことを目的としております。
三森みさを含める運営陣は、自分自身の回復のために行っておりますので、基本無償であり、金銭の発生はありません。

 

当自助グループのスタイル

主にアダルト・チルドレン依存(症)を中心に、様々な生きづらさをテーマに、分かち合いを行います。基本的にオープンミーティング(当事者以外の人も参加可能のミーティング)です。嗜癖に囚われずかなり自由です。

運営形式は依存症のアノニマス系自助グループを参考にしていますが、ACAを始めとする自助グループとは一切関係ありません。
現在は週に1度、1回につき2時間ほどの時間を設けてます。
現在は毎日30分・テーマ自由のフリー自助と、週に2回・2時間ほどのミーティングを行っております。
ミーティングのテーマの決定はその日の司会担当者によって決まります。

従来の自助グループの「言いっぱなし・聞きっぱなし」を基本としつつ、WEB上なので共感・理解の相槌が文字で可視化されてることが一つの特徴です。(相槌は強制ではありません)

当自助グループでは現在12ステップ(回復プログラム)の指導は行っておりません。数十名いる中で書籍を揃えてもらうのが難しく、読み合わせができないからです。ただし、12ステップに基づいたテーマの日があります。

とどけるプロジェクト依存症当事者のオンライン自助グループの取り組みと、運営のポイント記事にて、運営ガイドを提供しました。このガイドに基づいて運営してます。

LINEオープンチャットの規約に基づき、SNSアカウントも含める個人情報の交換は禁止しております。

 

参加について

Twitterの専用アカウントのDM、もしくは三森みさのお問い合わせから直接、参加希望の旨をお伝えください。これら以外からは対応できないことが多いので、ご了承ください。

献金・会費などは必要ありません。LINEを繋げる媒体とネット料金のみご準備ください。

・自助グループは悩める全ての方に開かれるものと考えておりますが、文字が残る性質上プライバシーの保護が難しいことから、いくつか簡単な参加条件を設けております。

必須なのは、だらしない夫じゃなくて依存症でしたを完読済みであることです。

・その他の参加条件は、DM・お問い合わせ時にご案内します。

よくある質問

Q:自助グループに行ったことがありません。参加しても大丈夫ですか?

初めての方も大歓迎です!行ったことない方も多く参加されております。
当自助グループのルールなどは参加時にご案内するURL・ミーティングを行う時に毎回記載してます。お気軽にお問い合わせください。
また、オンライン自助グループは他にもありますので、そちらもご検討ください。


 

Q:聞くだけでも大丈夫ですか?

聞くだけでも問題ありません。
名前を当てられた時に「パスします」と伝えていただければ、お話する必要はありません。

 

Q:本名・SNSの名前を使いたくないのですが……

当自助グループはプライバシー保護のため、お好きな名前、お好きなアイコンで参加することができます。また、オープンチャットの特質上、LINEで友達になる必要性はありません。ご安心ください。

 

Q:自分がアダルト・チルドレンや依存症であるかはわからないのですが、大丈夫ですか?

大歓迎です!
お話を聞くうちに気づくことや楽になることもあるかと思います。お気軽にご参加ください。

 

Q:医療関係者・他のオープンチャットの運営者です。参考にするため参加させてください。

お問い合わせ時にお話いただければ問題ありません。
当自助グループのやり方等はご自由に参考にしていただいて大丈夫です。しかし責任は持てませんのでご了承お願いします。
また、参加されてる方のプライバシーの保護にご協力お願いいたします。

 
その他の質問はこちらのDMにお送りください。

Copyrighted Image